中国の結婚写真100年の変遷

weiboで拾った画像ですー。
中国の結婚写真の変遷ですが、ある時期がとても
貧しくなっていることがわかります(笑)

img-2786bf10c496d54f474154c8fef95f48

↑これはまだ清王朝の時代ですねー。
あの当時は「魂がとられる!」と思ってる人が
多くて、結婚写真を撮る人は居ないぐらい
だったので貴重な写真ですねー。

img-397334850019a7d5652594387a7d5599
 

 ↑結婚というと「赤!」な感じ。新郎新婦は
今みたいに白い服を着ることはなかった
ようです。キャプションにはちょっと表情が
固いって書いてあるけど、そうかしら? 
カンカン帽を持ってたり西洋の文化が入ってるね。

img-9f6046e54e7bb8a4c57957acd5d7ff74

↑だいぶ西洋文化が入ってきてウエディング
ドレスを着る人も出てきました。
海外留学から帰った若者の中にはキリスト
教徒になった人もいて、彼らの結婚式は
教会で挙げたりしたようです。

img-d9fad8f6037c8ffbd29c46169f6f0e2d
 
↑この頃になると上海などの大都会に限られ
ますが一般庶民でも白いドレス&洋服で
写真を撮るようになりました。

 img-df468b7adfe4236b7d2f5deed36a5197
 
↑この頃になるとウエディングドレスはかなり
浸透していたようで、結婚写真にしても結婚
式場で撮るのではなく、写真館で「前撮り」
をするように。
写真もキレイでゴージャスになってきてます。

img-cde142d8e5832430b475b8d32a10c43d
 
↑中華民国が倒れ、中華人民共和国になって
素朴になってしまいました。当時は愛情の
ための結婚は否定され、革命のため、仕事の
ための結婚ならば認められるといった感じ。

ちなみにウチの父母は1980年に結婚。
服はただ「新しい服」というだけ。
母自身の手作りです。背景もまったくなくて
2人の写真が撮れて良かったね~という感じ。
写真のサイズも現代のキャッシュカードぐらいよ。

img-abcbd6fa0cadd79c7dc0bf8e3da70b77

 ↑1978年に出された改革開放路線の影響も
あって、この頃から経済が良くなりはじめ、
庶民の皆さんもまたまたウエディング
ドレスを着るように。

 img-c876cffabb31b8020282b0f95747a608
 
↑この頃になると数枚の写真ではなく写真集に
なってきてます。新郎・新婦の衣装も何着も
替えて写真を撮るようになってきました。
化粧の技術と写真の技術が発展して、まるで
芸能人の写真みたいになってきてますねー。 

img-b4abe4e2766646a8a1cc811f341cc989
 
 ↑この頃になると経済はすごい勢いで発展して、
人々の趣味も多様化。80后(ゆとり世代)が主役に
なって個性を重視する撮り方になってきました。

スタジオから飛び出してロケで撮るのも一般化。
なんと写真を撮るためにわざわざ海外へ行く人も
少なくないといったゴージャスな時代です。 

父親の供述

日中合成家族42

急に受験生みたいな大きい子を扶養する立場に
なったおかげで自分の親に対する態度なんかも
思い返す機会が増えたかな。

もちろんこの娘たちと私とでは「親への態度」
は全然ちがうけどね。家庭ごとに文化も違うし
国の文化も違うし当然と言えば当然だけどさ。

娘たちの反応って懐かしいような新鮮なような。
ときには「なるほどねー」って感心したり。

ストーカー事件の後

日中合成家族41

あのときのことを旦那と話したことがあるけど
「真面目に留学しにきただけなのに変態の付き
まといだなんてあまりにも可哀想」「この子、
ヤバいのにまるで解ってない」「これはかなり
マズい」など、純粋に私を心配する気持ちだけ
だったそうで私と付き合うなんて出会った頃は
思いもしなかったと言っておりました-。
まあ私もそうだけどw

それはそうと、私も娘たちの年頃は男女の仲と
いうのが「いろいろあるのよ」と言いたくなる
類いのものだとは思ってなかったわー。
いや、本当にいろいろあるわね。