長年の思い込み

日中合成家族55

長男の「お茶が冷たくて美味しい」という発言
に感慨、私が彼の年頃だった昔には絶対に理解
出来ない習慣ですねー。

尤も私の幼少期でも「冷たいものをまったく
食べない」ということでもなく、普通にアイス
キャンディーやアイスクリームもありましたが
キンキンに冷やした水やお茶を飲むことは絶対
なかったですね。

これは恐らく当時の衛生条件が悪かったために
経験則から学んだ健康維持策でしょうね。

最近中国の若者も冷たいものを好んで摂るように
なりましたが、私の両親の世代はいまだに長年の
「信念」を持っています。実家に帰るたびに、
旦那と子供のために…と、予め氷を用意して飲料
を冷やしておくと、毎回父に注意されます……
今回、信仰にも似た長年の「信念」が崩壊した
父は今、すこし心が落ち着いたかしら?
(信頼している先生から「なんの問題もない」と
いう言葉を聞いた瞬間の、絶句した父の様子に
気後れしてその場ではこの話題に触れられません
でした~w マンガではコミカルに描きましたが
実際の父はまさに“凍り付いた”感じでした)

“長年の思い込み” への4件の返信

  1. 日本の年配のかたもそういう習慣があるんですか~。私の実家は年中あたたかい飲み物。慣れというものはやっぱり大事なものかもしれませんね。

  2. コメントありがとうございます。私はめいふぁんさんと逆パターンで「中国の飲食店でもお冷やが出ればいいのに」と思うようになってしまいました~。まあ、今は中国の水道水なんて煮沸しないと飲めないですから、お店で「お冷や」を出してもらっても怖くて飲めないのが残念ですが。氷なんかもやっぱり「煮沸した水?」な感じで怖いわ~。それに対して温かいものは安心感かありますよね。

  3. うちでも「身体を冷やすから」と、暖かい飲み物を祖母達にすすめられましたよ!
    夏でも暖かい飲み物の方がいいとかで、子どもの頃は暑いのに熱い飲み物とか考えられない!って思ってましたが、歳を取ると「やっぱ暖かい飲み物よね。身体が冷えすぎる…!」になってしまいました。
    この教えは中国から来てるんですね〜!
    たまには、冷たいものも欲しいけど^ ^;
    お父様の教えは素晴らしいですよ^ ^
    でも時と場合、で良いと思います^ ^

  4. 初めてコメントします。
    最近まで中国に住んでいて、めめこさんのブログネタに「あーあるある!」と頷きながら楽しく読ませていただいています(*´-`)
    中国に住んでから冷たい飲み物を少し避けるようになりました。中国で飲食店に入って出されるお湯に慣れてしまい、日本に帰国して飲食店で氷水を出されると「开水をくれ〜っ!」って思いますw
    そして冷たい飲み物を飲まないのは健康のためだけでないというのは目から鱗でした!衛生環境も関係してる可能性があるんですね。
    ブログまた楽しみにしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。