「誰が」選びますか?

日中合成家族86

私はオトナになった今でもなにかを選ぶのに
迷った場合、しばしばこの「点兵点将」を
やったりします。
日本のジャンケンのかけ声と同様に、地方に
よって、また世代によって違いがありますが
だいたい全国どこでも「点兵点将」みたい。
母が子供の頃は「点兵点将,点到谁人,
就是我的,大兵大将,跟着红军打胜仗。」
【日本語訳】将校・兵士の点呼をします、
指された人は、私の、大事な将兵ですよ、
紅軍(共産党軍)についていき、勝ち戦を
おさめよう!…というフレーズだそうで。
私が子供の頃は「点兵点将,点到谁人,
就是我的,大兵大将,派到台湾,去打胜仗,
打不回来,找你算账。」
【日本語訳】将校・兵士の点呼をします、
指された人は、私の、大事な将兵ですよ、
台湾へ行って、勝利を収めよ、失敗したら
お仕置きだよ!…というフレーズ。
(回来が勝って台湾を奪回する意味とうまく
帰還する意味の両方を含む感じ)

私の子供の頃のフレーズはなぜか台湾を敵視
したものになっていて政治の色彩を感じます。
だからこそ長男の「か・み・さ・ま・の・
い・う・と・お・り」(听从神的旨意~)という
フレーズの純情さをすごく可愛く感じました。

“「誰が」選びますか?” への2件の返信

  1. あすちるべさんに返信
    10年近く前に台湾に行ったことがあるのですが、食べ物は美味しいし、景色もよく、皆さん優しくてすごく良い所でした。
    台湾のクルマのナンバーが「台湾省」となっていて、しかも私のビザが「中華民国の大陸人民向け通行証」みたいになってて、首都は南京になってるという話でしたから『台湾の人も台湾の人なりに思いがあるんだろうな』と感じました。

  2. 色んな文化の違いがありますね。
    やや政治色の強い嫌いがありますが、これも時代背景から致し方無しといったところでしょうか…。
    ちなみに台湾は長い間国民党政権でしたので、共産党のことを「共匪」と呼んでいたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。