南信州へ家族旅行

珍しく家族旅行だ!ということで、予め「淘宝(中国の買い物サイト)」で3種類のお揃いの服を買い、「今回はユニフォームで!」と準備万端の旅行となりました。

さて、いざ「制服」で行動してみるとこういったお揃いの服に関しては厚顔無恥な中国人の私でも微妙に恥ずかしい。クルマの中だと全く大丈夫なのですが、高速道路のサービスエリアなどで休憩したときなど他人の視線をビミョーに感じてしまうのです。小さい子供たちはまるで恥ずかしくもない様子ですが、3人娘たち…とくに長女は恥ずかしいと言ってました。旦那は「え!?お前、恥ずかしいの??俺、ぜんぜん恥ずかしくないんだけど?むしろ皆さんに見てほしいぐらい」と、中国人以上に顔の皮が厚かったです。

サービスエリアのトイレでは長男が「どうしても男子トイレがいい!」と騒ぎ出したので、今回はひとりで挑戦させてみるか…と行かせてみたところ、しばらくすると親切なかたが「お母さんですか?ちゃんとひとりで頑張ってたよ~!皆さんステキな服ですね」と中の様子を教えてくださいました。

恥ずかしいのはともかくとして、迷子防止にはつながるかもしれませんw

ホテルの近くに陶芸体験館がありましたので、「手びねり」と「電動ろくろ」で制作体験をしてみました。(2日目もべつの陶芸体験所で「絵付け」をやりました)

陶芸館の後は「天竜川舟下り」なんてのを計画していたのですが雨天で増水、中止になりましたと電話連絡が入ってガッカリ。

急遽ネットで検索し、空いた時間で近くにある「阿南町化石館」と「満蒙開拓平和記念館」を訪問。長男は鮫の歯の化石よりも標本(これは化石ではなく、化石を理解しやすいようにと展示)にビビっていました。満蒙開拓平和記念館は、検索の時点でウケが悪くwて、娘3人と息子2人はクルマの中で休憩したいということで、夫婦だけで足早に見学してきました。

ホテルに到着しての夕食~!猪鍋に炉端焼きなど信州の田舎料理はとても美味しかったです。(じつは以前にも同じ宿に泊まったことがあるのですが、その時は天然のヤマメの塩焼きが最高!だったのですが、残念ながら今回は養殖鮎でした…でもさすが炭火焼き、美味しかったですけどね)

温泉を堪能したあと、さあゆっくりしよう!…と思ったのもつかの間、みなさん疲れたのか21:00までには全員が寝てしまいました。

さて翌日。朝食をいただいてから前日中止になった「舟下り」がイケるかどうか、電話で問い合わせしてみたところ本日は運行するとのこと。晴れていましたので日差しは強いですが風は非常に爽やかで涼しくて気持ちが良かったです。岸から離れるとさっそく鳶や鴨がお出迎えしてくれました。雨の影響で水の濁りはありましたが、水位が高めということで川の波も高く、船の揺れも大きめで、結果的に私達にとってとても楽しい舟下りとなりました。

一泊二日の家族旅行、あっという間に終わりました。日本に来てもうそろそろ10年になりますが、このところは勉強や仕事や育児に追われてなかなか旅行へ行くチャンスをつくることができない日々です。これから少しずつ日本の各地の景色や人情風俗を見たいですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。