ファッションショー

幼少の頃、女の子であれば殆どすべての
子供が自分なりの「お姫様」の夢を
持っていたのではないでしょうか?

中国に居る友人のブログを閲覧する
機会も多い私ですが、娘を持っている
友人のブログには定番のように「小さな
カワイイお姫様」がいっぱい登場します。

いくら派手好き・騒ぐのが好きの中国人
とはいえ、オトナになればさすがに
ドレスを普段着のように着たりはしない
のですが、小さい子にはよく着させます。

今回のマンガに描いた友人は、たった
数日の滞在だったのに、7着もの公主裙の
持参をおねだりされたそうです。
お気に入りを厳選しての7着ですから
これはたしかに大甘ですね~。
でも、当の娘さんは楽しそうでなにより。
成長ののちにたくさんの「お姫様」を見て
父母に感謝するかしら?

幼少期の「お姫様になりたい」という
願望を、実際のお姫様にはなれませんが
格好だけでも「お姫様ごっこ」を味わって
もらおうという親心かもしれません。
私は娘を持っていませんけれど、もしも
娘が居たならば、ああいった服を買って
あげてただろうな、と思います。

ただ、ここは周りに合わせていないと
なにかと悶着が起きやすい日本です。
「郷に入りては郷に従え」との善き格言も
ありますし、何かのイベントが無い限りは
「おうちの中だけで楽しみましょう♪」と
いうことにはなりそうですが。

旦那の話によると、日本では小さな子でも
せいぜい親戚の結婚式やら慶事のパーティ、
あるいは記念写真を撮るのに写真館で等、
なにかの「イベント」がないと着させる
ことは無いとのこと。

日本のかたは派手・華美なものを普段使い
としては好まず、質素なデザインを好む
人が多いのかしらね。

人気ブログランキング

“ファッションショー” への2件の返信

  1. ディズニーランドに行けば、目立たないよ
    しかし中国で西洋のお姫様が良いなんてなんで?日本でお姫様になるのは西洋特にディズニーの影響だと思うし、パーティードレスはお姫様と言うよりお嬢様をイメージしてる、中国はどこの影響受けてるのかな?
    日本だと晴れ着で着物着るけどね

    • 最近は中華風なテイストが入っているドレスも出てきましたが、私が小さいころはドレスと言えばぜんぶ「西洋風」でした。やっぱり西洋に対する憧れが強かったんだと思います。今でも友達の中には「コーヒーとケーキはオシャレ、豆乳と中華まんはダサい」という西洋かぶれな人もけっこう居ますよ。以前に旦那が言ってた「もしもその昔、東洋人の軍事力が勝っていたら、西洋が上、東洋が下という観念もはびこらなかったかもしれない」という言葉を思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。