ヒーロー番組(3)

絶対に認めてくれない父とハッキリと記憶
している(…と思ってる)私!
正直、当時5~6歳だった私にとって、この
ドラマの内容は難しく、いまひとつ解って
いないまま観ておりました。

絵本や子供向けテレビ番組が乏しかった
私の幼少期では、コセイドン以前に観た
唯一のファンタジーの物語は「実写版の
西遊記」でした。(ちなみに当時の私は
西遊記を「本当の物語」と信じてました)

コセイドンはストーリーが難しくとも
キレイな画質、宇宙船、ヒーローなど
子供たちにとっては面白い要素が満載で、
私も『なんとなく好き!』と感じていて
楽しんでいましたね。

あの時の『これは本当のことですか?』と
問うた意味を、父は「これはフィクション
ですか?」と訊ねてきたとは受け取らず、
(たとえば)たまたま劇中で乗用車が走る
シーンや、高層ビルが立ち並ぶシーンが
映された瞬間が父の目に入り、「子供から
『こんなモノが世の中にあるのか?』と
問われた」と勘違いしたため、『日本には
高層ビルも車も電話もあるよ』的な意味で
答えてしまった…という可能性もゼロでは
ありません。
(でも、コセイドンではほとんどが白亜紀の
野外かコセイドン号の機内のシーンばかりで
日本の街のシーンや日常生活の場面は
あるにはあるけれど非常に少ないですから
私が質問したときたまたまそういった
「日本の先進的生活」が画面に映っていた
…とも考えにくいですが何とも言えません)

あるいは、子供が真剣に訊いてくるのが
面白くて、ついついふざけて「デタラメを
言ってからかってみただけ」なのかも。
(父は素朴,誠実,実直な昔タイプの人ですが
ごく稀に子供に対しておふざけでデタラメを
教えることもあった)

父が『そんな覚えは無い!』と断言する以上
真相は不明ですね~。でもね、あの当時の
私は本当の話なんだ!と、少なくとも数年間
信じてましたよ、お父さん…。

人気ブログランキング

“ヒーロー番組(3)” への2件の返信

  1. アメリカアニメのザシンプソンズの中で日本旅行に行く話があったのですがそのラストが飛行機で帰るときにゴジラに捕まって終わるシーンで日本は怪獣がたくさんいる!みたいなオチでしたよ

    • シンプソンズじゃないですけど、私も来日前から日本と言えばアニメやマンガが進んでる国という印象がありました。さすがにリアルでゴジラが闊歩しているとは思いませんでしたけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。