真実はいつもひとつ⁉

4歳ともなると長男は色々なものを不思議
と感じるようになり、さまざまな質問を
ぶつけてくるようになりました。
『ねえねえ、おかあさん!どうして台風が
くるの?』などの普通の質問や『どうして
おやつはご飯より美味しいの?』といった
ややこしい質問を毎日してきます。どれも
答えにくい問題で「直球で答えるか、寓話
のように答えるか」など工夫に難儀して
います。

私自身は子供の頃、質問が多い子供だった
とのことで、普段から忙しい母は、ときに
『もー!面倒くさい子だね!』と邪険に
することもありました。子供の私には
それが非常に落ち込む対応でしたから、
自分が親になった今、『よし、真面目に
応じてあげよう!』などと、質問応対に
ついては「やる気満々の母親」になって
おります。

ただ、説明に夢中になりすぎて長男から
『う~ん…わかんない!』と言われる
ことも多々あり、却って彼を困らせる
結果になることもしばしば。

月齢、年齢に応じて…というか、成長の
速さは子供ごとに差がありますから厳密に
言えば「その子の能力に応じて」説教を
与えてやることが重要ですね。たとえば
まだ道理を解しにくい幼児に交通事故や
危険物の危なさを「長々と話して解らせる」
なんてのはじつはある意味で拷問に近く、
そういうケースでは怒鳴って怖がらせ、
結果的に安全を担保できるというやりかた
のほうが子供にとって「易しく優しい」と
言えるかもしれません。

人気ブログランキング

“真実はいつもひとつ⁉” への2件の返信

  1. 本当に優しいお母さんですね
    自分も幼い頃母に何でもかんでも質問しては一つ一つ誠実に答えて貰い、今でもそれをありがたく思っています
    話は変わりますがめめこさんの漫画は皆 表情豊かで、めめこさんはいつも可愛いくて、読んでいて楽しい気分になります
    しかも、描き始められて6ヶ月とはとても思えない絵の上手さです
    毎回楽しみにしています
    これからも頑張って下さい!

    • ほめていただいて恥ずかしいような嬉しいような気持ちです♪「子供のこと」は難しいことであり、楽しいことですね~。雑なところがある私なので、子供の質問に答えるのもムラがあって、なかなか「応えきる」ことはできてないんです、じつは。そういうわけで477さんのお母さんはホントに素晴らしいです。あらためて私も頑張ろう!と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。