心配のしどころ

昔の写真を見ていて今回のマンガの話を
思い出しました。母は「ネズミの投資(↓)」で
http://zhuxiaomei213.com/2017/06/30/2655663/
失敗をするまでは、父と共に同じ国有企業に
勤めていて、会社の社員寮に住んでいました。

厨房とトイレは共用で、今の時代とは違い
在宅であれば皆さん「ドアは開けっ放し」
で生活していましたから、子供たちにして
みればどこのお宅と決めることなく勝手に
遊んでいられた楽園でした。

たくさんのお友達と一緒に学校(※会社付属の
学校があるので社員寮の子は皆が同じ学校)へ
通ったり、帰宅しても一緒に宿題をしたり、
遊ぶのも一緒ですから毎日が賑やかでとても
楽しかったです。

「大人たちも和気藹々として楽しかった」と
父母は当時のことを懐かしんで話しますが
今あらためて考えてみると、大人は子供と
違って「会社での上下関係」やそのほかの
人間関係がありましたから、きっと子供の
知らないところでお互いに気を遣うところが
あったんじゃないかしら。

『娘より一分銭のほうが大事だったか?』と
当時の事をふざけて母に訊ねてみたことが
ありますが、『もちろん小銭よりも娘の方が
大事だけど、碁石が2つとなると娘より話は
重大よ~』と、ふざけ返されてしまいましたw

小さい頃のことを思い出すと今更ながら親の
ありがたさが身に滲みます。

人気ブログランキング

“心配のしどころ” への4件の返信

  1. 中国の方は父母を大事にしますよね。日本人男性に一番大切な物は何かと聞くと会社と言うと思います。父母 兄弟は出てこないと思います。

    • 今会社と言う人は少ないでしょう、簡単に首にされるご時世だから
      一番大切なのは、家族
      母と妻を比べるような事はしませんよ、年寄りは大事にしましょうは基本だから

      • おっしゃるとおり、日本も中国も時代の流れが速くて労使にかかわらず「半年後、同じ仕事をしている保証はないよ~」といえばそんな感じかもしれませんものね。やっぱり健康な時もそうでないときも一緒に居る家族が大事です。

    • うちの旦那が会社優先・仕事優先でなくてよかった~。でも、よく考えたらそのぶん稼ぎは少なめで我慢しなくちゃいけないわ!ってことなのかしら?w
      たしかに中国の人はわりと親が近いですね。みなさん父母や祖父母を大事にしているというよりも「頼ってる」という感じがしないでもないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。