レスキュー⋯?

さほど昔でもないのに私の両親が幼い頃は
まだ義務教育が普及しておりませんでした。
(※中国の「義務教育」の法整備は1986年)
元々父は貧乏農家の次男で、お兄さんを
中学校へ行かせるために小学校までしか
通えませんでした。(後に、軍隊に入って
夜間中学校へ通い、中学校の知識を身に
付けましたが)

あの当時の貧しい農村では男の子だと何とか
学校へ行かせようとする家庭は多くても、
女の子となると就学させずに農作業や家事を
やらせる家庭が一般的でした。そんな中、
母は幸運にも中学校まで通わせてもらえ、
(地主の子という理由で高校進学はさせて
もらえませんでしたが)男子である父よりも
高等な教育を受けており、しかも成績も
優秀だったということで我が家庭の中では
威張っておりました。

(そんな両親も新婚から父の権威が崩れる
までの僅かな期間は亭主関白だったらしい)

私たち子供らの宿題の指導やチェック等は
すべて母の担当でした。2人の子供のうち
姉の私は言葉の発達がよその子よりも早く、
けれど、どうしたわけか算数は非常に苦手
だったことを覚えています。不思議なもので
苦手なはずの算数が、小学校の高学年に
なると(これまた理由が不明ですが)急に
得意になって、学年でも常に1位になった
ものですからわからないものです。

大学の進路も理系を選択した私ですけれど、
近頃は歴史や人文・社会学の興味も涌いて
きました。やはり根っこの部分では文系の
人なのかしら?

人気ブログランキング

 

“レスキュー⋯?” への4件の返信

  1. 心なしか昔のお父様のイラストが現在の旦那さんに酷似してるような。これはめめこさんがお父様と旦那様を重ね合わせてる表現…?わら

  2. 私は科学&化学は得意でも数学がイマイチで理系とはいえず
    国語と英語がまぁまぁだったから文系に進みました、
    が、やっぱり理系の方が合っていたのかも。
    入試のために文系/理系を早くから分けている高校だったので
    試験の為じゃない勉強をしたいと大人になってから思いますね。

    • 私も高校の時理系・文系をあんまり考えずに理系を選んでしまいましたけど、自分自身は文系だったかも。でもそもそもあの時は「受験のための文理選択」でしたからしょうがない面もあったなあ、と納得するようにしています。「この歳になって…」な感じもありますが、小説などを読んだりしているうちに、歴史や人文に対する興味が高まってきました。学生のころに勉強しなかったことを今から趣味の範囲で勉強しようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。