見ると聞くとは大違い

上海などの沿岸大都会と違って、私の故郷は
内陸の田舎町で、工業などは盛んではなく、
外国企業や上場企業も殆どありません。
そのために就職の機会は比較的に少なく、
給与水準も都会と比べれば明白に低いです。

このような事情のため、私の郷の子供たちは
都会の大学への進学をしたがります。卒業後
そのまま都会で就職することで生活水準を
アップする道が考えられますからね。

都会の大学を卒業していながらも地元へ帰る
事例もあったけど、私らが就活してた時代だと
家庭の事情か、公務員の道を志望してる場合に
限られてる感じだったなあ。

私の地元の親戚やウチの家族の交友関係を
見渡してみると、偶々でしょうが商売人の
割合が多く、皆さん商売上で公務員に接する
機会も出てきますので「普段から公務員には
腰を低くしてお付き合いさせていただかねば」
といった感覚を持っています。

そんなわけで、我々にとって公務員とは特権
階級のイメージですから「憧れの身分」である
ハズですが、なぜか私や弟を含む同世代の
従姉妹の中には1人も公務員を目指した者が
居ないため、私にとっては公務員はなお一層
「身近ではない地位」に感じられます。

今回のマンガに描いた2人の友人は高校の
クラスメイトで当時からスゴく優秀な人です。
2人とも都会の有名大学を卒業するとすぐに
地元の公務員試験を受けて公務員の道へ。
その1人は高校のでは有名な才女で漢詩や
詞、近代文などの文才に優れていましたので
作家の道に進むかと思っていました。
今は市長の秘書で、市長の発言原稿などを
担当をしているようで、まあ、それもまた
己の才能を十分に発揮したと言えるのかな?

さすがに子供時分のイメージそのままという
わけでもなく、公務員は公務員なりの苦労が
あるのもそれなりに解る歳になりましたが、
いくら苦労もあり、またなるのもなった後も
競争は熾烈だと解っていても、一旦その身分を
得れば特権階級ですから「良い身分」を満喫
できる生活をしているのだろうという印象で
公務員を見ていましたが、彼女らの話を聞いて
いくらかイメージが変わりました。

「今の話で公務員のイメージ変わったわ~」
と言うと、彼女たち自身もある意味で私と同じ
だったようで、大学を卒業し、若い自分なりの
政治理念を持って地元を変える!という一心で
公務員になったハズなのに、現実は甘くないと
悲嘆したそうです。

中国は日本とシステムが随分と違っていて、
選挙がありませんから、政治に参画したいと
思えば公務員になるという道しかありません。
その点で公務員は政治家と重なっている部分が
あるんですね。彼女たちの政治理念と理想が
叶うよう応援しています。

【マンガ内のセリフの中国語訳です】

公務員になった友人と
地元で久々に会って晩ご飯
在家乡和当上了公务员的朋友久违的
见了面吃晚饭

元気にしてた!?(市長の秘書)
还好吗?(市长的秘书)

おひさ~!!(宣伝部の部長直属)
好久不见(宣传部的部长直接下属)

あなた達も雲の上の人になっちゃったな~
你们已经成了云端上的人物了啊

やめてよ~
别这么说

私らなんか下っ端よ
残業ばっかでロクに休日無いしね
我们只是些底层人员
加班多还没有正经的休息日

そうそう!
对!对!

ご祝儀とかでヘンな出費が多いわりに
民間よりも薄給だよ
礼金什么的开销多不说
工资还比一般企业都少

またまた~
又谦虚了~

お待たせしました~
让大家久等了

待ってました!
终于等到了!

わー!美味しそう!
哇,看起来很好吃的样子!

でもあなた達だったら豪華な食事の機会も…
但是你们应该有很多吃豪华大餐的机会啊……

いやいや、ぜんぜん!
不不,完全没有

宴席に出席させられて
汁ビーフンで終わりとかよ
出席宴会经常就是一碗米粉就结束了

ボスの世話で昼抜きだってしばしば…
为了照顾老大经常连午饭也吃不了

豪華な会食してる脇で
ずっと直立不動待機とか
豪华的宴席只能站在旁边随时待命

意外と現実は厳しいのね~
现实出乎意料的残酷啊

“見ると聞くとは大違い” への4件の返信

  1. 中文訳でも休息「日」で、「天」は使わないのですね。
    「休息日」が日本発祥の熟語なんでしょうか?

    • 正直なところ、ここで「休息日」を使うのもやや堅いな~と思ったけれどほかの単語を思いつかなかったです。すみません。
      「休息天」はあまり使わないですね。最近も日本発祥の単語が増えていて、マンガ・アニメの影響かな?と思っています。
      ちょっと前に友人が「手作(手作りの意味)」という単語を使っていたのでびっくりしました。(中国語だとたぶん無い)

  2. 以前、中国の深圳にいった時ですが、非常に立派な保養地(?)のようなところを
    見かけたがあります。
    ここはどういうところか、と聞きますと公務員専用の〜と説明を受けましたので日本で
    同じようなものを整備したらさぞ批判されるだろうなあと思ったものです。
    そんなわけで中国の公務員はさぞ特権階級なんだろうなあと漠然と思っていましたが
    案外そうでもないんですね・・・。

    ちなみに街中で見かけた警察官のあまりのやる気のなさに呆れましたが、中国では公務員に
    対して一般人が苦情をいうことはあまり考えられないのでしょうか?
    日本ですと警察だろうとなんだろうとかなり苦情がくるようです。(良し悪しはさておき)

    • 今でも中国じゃ公務員はスゴい特権を持っていますよ。とくに私の実家みたいな田舎では。
      でも若手の公務員はたいへんらしいです。上に行ければグッと変わるらしいんですけど。
      警察官は以前のマンガにも描いたけど、やる気ないし、むしろ怖いし…
      (でも、ならず者に近い大衆も居るので、対抗するにはしょうがない面も)

      公務員に対する苦情は言うこともあるけど、日本ほど気軽に言える感じでもないかな。
      そんな風潮です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。